埼玉大学大学院理工学研究科博士前期課程数理電子情報系専攻電気電子システム工学コース
 





埼玉大学

電気電子システム工学科 | 教員の研究テーマ

教員一覧

当学科の教育を担当する教員です。
(名前をクリックすると各教員のホームページを開きます。)
伊藤 和人 教授数理電子情報部門
大規模集積回路の様々な設計問題に取り組んでいる。 並列処理スケジューリングと高位合成手法の開発、 並列ディジタル信号処理システムや画像処理専用ハードウェアの回路設計および設計自動化、 システムLSI設計技術に関する研究を行っている。


内田 秀和 教授数理電子情報部門
半導体デバイスを用いたセンサシステムの開発を行い、生体計測/環境計測への応用を研究している。 各種の有機/無機センサ薄膜についての研究のほか、化学画像センサ用デバイスとその駆動系、信号処理系の研究を行っている。 また、より上位にある信号処理系として味覚などの感覚量の測定について研究を行っている。


金子 裕良 教授数理電子情報部門
電気機器、メカトロニクスの分野においてコンピュータ制御の研究を 行っている。現代制御理論、ニューロ・ファジィ制御および画像処理技術等の 産業用ロボットへの応用、コンピュータによる各種電気機器のディジタル 制御等の研究に従事。


長谷川 孝明 教授数理電子情報部門
IT(Information Technology)に基づくITS(Intelligent Transport Systems)、 すなわち、情報と空間と移動のシステム工学 [もう少し詳しいご説明]


馬 哲旺 教授数理電子情報部門
情報通信用の小型高性能マイクロ波・ミリ波回路素子に関する研究開発を行っている。 特にコンピュータを用いる電磁界解析による回路素子の特性評価、 新しい回路素子の設計、及び高温超伝導体回路素子の開発を進めている。


前山 光明 教授数理電子情報部門
近年その制御できる電力が飛躍的に向上したサイリスタなどの半導体 スイッチング素子を利用し、電力系統における電力潮流の高速制御方法、 また、レーザや電子ビームなどの発生に利用されるパルスパワー電源の 開発を行っている。また、人類の究極のエネルギー源となる核融合に関して、 その制御法の解析を行っている。


明連 広昭 教授数理電子情報部門
超高速・低消費電力・超高感度といった特長を持つ超伝導デバイスを用いる 超伝導エレクトロニクスに関する研究。 特に高温動作可能な酸化物高温超伝導ジョセフソン素子の作製プロセスと それを用いたテラヘルツ帯電磁波の発生・検出器、テラヘルツクロック動作 可能なディジタル論理回路の研究を行なう。


矢口 裕之 教授数理電子情報部門
光デバイスへの応用が期待される半導体材料に関して、特に結晶成長技術、 光物性評価、素子製作という観点から研究を進めている。


大平 昌敬 准教授数理電子情報部門
情報通信で使われるマイクロ波・ミリ波帯において、高性能な電磁波回路素子の開発や、それを用いた小型フィルタやアンテナなどの高周波デバイスの研究を行っている。


木村 雄一 准教授数理電子情報部門
無線通信の基礎であるマイクロ波・ミリ波用平面アンテナの研究開発を行っている。 特に、導波管スロットアンテナについて電磁界解析に基づいた設計法の確立および 高能率化、高機能化に取り組んでいる。


塩田 達俊 准教授数理電子情報部門
光周波数コムを周波数領域で精密に制御することでフェムト秒(テラヘルツ)という超高速時間領域で任意の光波形を制御する光制御システムや非接触・非破壊で物体の3次元形状と構造毎のスペクトル(色)の分布を計測できる光計測システムなど、光通信技術や先端フォトニクスを活用した新規で且つ高付加価値な光システムの研究を行っている。


田井野 徹 准教授情報メディア基盤センター
次世代型フォトン検出器として期待される超伝導トンネル接合素子を用いた放射線検出器の開発に従事している。 現在、超伝導トンネル接合素子と超伝導ディジタル回路とを集積化したコンパクトな検出システムの実用化に向けて研究を行っている。


辻 俊明 准教授数理電子情報部門
ロボットを生活支援や医療福祉分野へと応用することを目ざしている。そのために人間の存在する環境に適応できるロボットの開発を行っている。


長谷川 有貴 准教授数理電子情報部門
植物の状態を電気信号で捉えることのできる生体電位計測を利用した環境、生体モニタリングシステムの開発、およびガスセンサや味覚センサなどの化学センサシステムの開発を行っている。


土方 泰斗 准教授数理電子情報部門
炭化ケイ素を始めとしたワイドギャップ半導体を用い、超低損失パワーデバイスや耐極限環境性デバイスの開発に努めている。特に、半導体表面ならびに素子接合界面の物性評価の観点から、これらの課題の達成に取り組んでいる。


八木 修平 准教授数理電子情報部門
半導体結晶成長と光・電子デバイスに関する研究を行っている。特に次世代高効率太陽電池への応用を目指した材料作製技術、デバイス作製プロセス、及び動作解析手法の開発に取り組んでいる。


山納 康 准教授数理電子情報部門
高効率・高信頼度の電力を供給するため、 高電圧技術および絶縁技術に関する研究を行っている。 特に、地球環境にやさしい絶縁技術である真空絶縁の実用化を目指して研究を進めている。


稲田 優貴 助教数理電子情報部門
環境・医療・エネルギ問題を放電プラズマにより解決すべく以下の研究を行っている。(1)高い汎用性と有用性を兼ね備えた先端的プラズマ診断手法の開発(2)これら診断手法を駆使した放電プラズマの機構解明および新規現象の探索(3)現 象理解に基づいた、放電プラズマ応用技術の最適化と新規実用化


王  小龍 助教数理電子情報部門
無線通信や計測システム用のマイクロ波・ミリ波回路に関する研究開発を行っている。特に、小型高性能な電力分配器、フィルタ、アンテナ給電回路の研究開発に取り組んでいる。


境野 翔 助教数理電子情報部門
ロボットによる人間支援を目標とし、それを実現する高度な制御系などの研究をしている。特にロボットを介して遠隔地の触覚情報を通信するバイラテラル制御の研究やロボットタスクの機能化の研究に重点を置いている。


成瀬 雅人 助教数理電子情報部門
天文観測やセキュリティ・医療などの幅広い分野で使用できるユーザーフレンドリーなテラヘルツ波高感度カメラの開発を行っている。光学系設計のための電磁界解析計算・超伝導センサ用のプロセス技術・低温技術の他に、センサ感度向上を目指した超伝導体の物性研究も行っている。


西澤 真一 助教数理電子情報部門
集積回路のエネルギー効率を向上させるための、設計自動化技術、設計自動化を支えるIPライブラリの開発および回路技術の研究を行っている。


間邊 哲也 助教数理電子情報部門
空間的心地よさの質をベースとして、人のモビリティを高度化するシステムの創成に関する研究を行っている。特に、シームレス測位を含む歩行者ナビゲーションシステム、災害時人命救助システムなどのリアルワールドにおける情報社会基盤の実現に取り組んでいる。


プリンタ出力用画面 友達に伝える
検索
カレンダー
前月2019年 2月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
<今日>
今日の予定
予定なし
今後の予定
予定なし
クイックリンク